iTunesでPDFファイルの管理が、出来るらしいです。

http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/03/05/0438212
スラッシュドット ジャパンより、
以下引用。

Windows版[1]iTunesでPDFファイルの管理ができちゃうんです。

属性指向の管理インターフェースはなかなか便利です。
たくさんあるエクスプローラ風ファイル管理ソフトのようなフォルダ指向のソフトにはもう戻れない。
やり方は、普通にPDFファイルをiTunesのウィンドウにドロップするだけ。あとはジャンルとアーティスト(この場合は著者とか出版社とか発行元)とアルバム(学会誌の分割ファイルをまとめる単位とか)を設定していけばオーケー。かなり快適にファイルを探せます。
ファイルリストでダブルクリックすればちゃんと目的のファイルが対応づけられたソフトで開けます。
音楽の再生が止まることはないので裏で音楽のプレイリストを流しつつPDFファイルを探すなんてことも自然にできます。

マックでも出来るらしい。これでPDFファイル管理が、楽になるかな?

どこに まとめられるのかが気になります。カテゴリ分けられてますが、マック版は音楽扱い?

PDF、直接ベクトルイメージで作れるソフト持ってないので*1、ラスター出力...印刷イメージを垂れ流しで、作ってますが...昨日、楽龍さんに書いた説明書きも、この方法。

アクロバット高すぎ。欲しいけど、用途が極端だから...
このやり方だと、ファイルがでかくて...RTFも、出来れば嬉しいんですが...

アップルワークスは、はっきり言って遊び用レベル。

実用と言えば、近所の回覧板とか、中小企業の社内報ぐらいしか使えない。
Web用出力も、RTF出力も、み〜んな体裁がずれる...フィルタ使って、取りあえず似たようなのを書き出してるだけ。

表とか使えるので、その部分で重宝はしてますが...

取り込んだ写真まじりの文に、線を引いたりするのに使うと、線と写真の出力が、確実にずれます。

ラスターイメージ同士ぐらいは、固定して欲しいなぁ...

「印刷」は、ずれないですけどね。これがずれたら、「仕様」どころじゃ済まないです。

あれ?普段(いまも)使ってる...Jeditって、リッチテキスト書けるんだ。
これに、「写真にペインターで 色々書いたもの」を貼付ければ、こういうイメージは楽に出来るかも...

*1:文字埋め込み出来ないと言う事。PDFは、絵はどこまで扱えるか知らない。ポストスクリプトみたいな事やってくれるんだろうか...純粋にラスターのみなんだろうか...