舛添厚労相、「残業代ゼロ法」

リンク:表示できません - Yahoo!ニュース

舛添要一厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、一部事務職を割増賃金の支払い対象から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション制度(WE)」について、「名前を『家庭だんらん法』にしろと言ってある」と言い換えを指示したことを明らかにした。その上で、「残業代が出なければ、早く帰る動機付けになる」と評価、働き方の改革の一環として取り組む考えを示した。
 WEは厚労省が先の通常国会での法制化を目指していたが、「残業代ゼロ制度」と批判を浴び法案提出を見送った。

もっとマトモな方だと思ってましたが、やっぱり「政治家」なんですね。庶民とは考え方が違うらしいです。
普通、管理職は「残業時間はタダ働き」で、それ以外は...“お金を貰うから働く”のでは無く、「こなさなければならない仕事が有るから」
つまり、ノルマが有って強制的に働かされて、その上で、定時時間外は割り増しを貰う。そう云うのが一般会社員だと思う。ボクもいくつかの会社でサラリーマンやってきましたが皆そうでした。

ここまで書いてから気が付きました。

ああ、そうか、舛添大臣サンはノルマの無い「お役所仕事」を前提にしてるんだ。というより、居るだけの事務職は作業者より安くして当然 と云う事かも。