素敵探偵ラビリンス「第6幕 謀略の鉄路」を見る

素敵探偵ラビリンス(1) (少年マガジンコミックス)
前回の「旧都哀歌」は、せいらンの「信濃流奥義、ちえの輪外し」が笑えたけど、脳内を筋肉にする向きは可愛くないので却下。本編も萌える所が無かったし(^_^;

ドッグフードをお試しする さなえ...みのりの姉ちゃん。

さなえ姉御「さっすがブルジョア、犬も良いもん食ってるなぁ〜」
「けっこうイケるぜ〜 なあ犬〜」
「ワン!」

みのりチャンは、サイトの紹介イメージより普通すぎ。全く面白くないんですが...ファンの方ゴメンナサイm(_ _)m...でも姉ちゃんはなかなかです。ドッグフードも食べれる根性に敬意を表して姉御と呼ばせていただきます。
マルちゃん、犬としか呼ばれてない(^_^;

今週の保存決定。

「はい、マユキ君には特製ミルクティー。缶だけど結構イケるよ。」
「有り難うございます。」「ホントだ。美味しいー♥*1

ややちゃんに遊園地に誘われる マユキ君。

ややちゃん「私ね、いままでマユキ君の事 ふわふわのプニュプニュだと思ってたの。でも見直しちゃった」
「お兄ちゃんを助けてくれてありがとう。マユキ君は私のヒーローよ♪」

抱きついてる、ややちゃんとマユキ君の間にケーキを挟む、みのりチャン

みのりチャン「はい、ケーキのお代わり(^_^メ)」
マユキ君「ありがとう・・・おいしそうだね」
みのりチャン「そうでしょう、じゃ 食べさせてあげる(^_^メ)」

良いなぁ〜〜〜ややちゃん羨ましい。<そっちかい(笑)
マユキ君に抱きつけるなんて...ふわふわのプニュプニュで良いじゃない(* ´Д`*)=3
実の所、ケーキも食べさせてあげたいんですけどね(爆)

次回予告

「マユキ様ぁ!このマグカップ、マユキ様と私のとお揃いなんですよ」
マユキ君「可愛いですねぇ」
メイドの初実さん「いっそ、枕もパジャマもお揃いにしちゃいましょうか。ふふっ何だか新婚さんみたいですね」
マユキ君「次回は、旧都と爆弾と紅茶、です」

コレってまさかメイド服をマユキ君に? おっと間違えました。パジャマですか。ロリ系の可愛いのを激しく薦めます〜絶っ対に似合うと思う!!妄想が止まりません(=^_^=)

しっかし...探偵モノだというのに

ボクは推理の感想を一切書いてないです。というか、書くつもりが無いです。こうなる事は予想出来たので最初に宣言したけど(^_^;
ラブコメだけでなく、探偵モノもボクは苦手なのかも知れない。コナンを見ないのはキャラのせいでは無かったんだσ(^_^;)

*1:えっと、このブログを正確に見る為にはHTMLとかCSS2にちゃんと対応してるブラウザがお勧めです。でないと、「♥」が只の線にしか見えません。ハートマークだったりして(●^_^●)