「気に食わない事があると人に当たる」こういう人って割と多い気がしますが

何だろう...人に当たると嫌われるのが自明なことだと思ってたけど...ネット上でのそういうタイプの人とか、父ちゃんに言わせると、こっちが「偽善者」らしい

うーん...「嫌われても構わない」という考え?

「オマエもある筈だ」わはは(^_^;ボクは自信を持っていいますよ〜「はい、無いです!」ボクは物に当たりますから。壊れても直るものと直せないものは違います。人の心だって同じ。人に当たって詫びた所で相手が本心から許す訳が無い。

まさかこういう考えがあろうとは。

自分を通す為ならなんと思われようと構わない?関係が壊れたら元には戻らない場合だってあるのに...結構驚きです(^_^;まあ、そういうものだと割り切って解釈。「話せば判る」という言葉が詭弁だと云う事をも理解。