「卵はコレステロールが云々」なんて云う話を昔から聞くけど、ボクは人間よりも鶏の方を信じてます(笑)あの一個でヒヨコを孵化させられる。悪いものなんて入る余裕は無いでしょう。いいや、体に悪い訳が無いっ カルシウムは足りなさそうですけどね。ヒヨコはふ化後に殻を食べるらしいから。

例えば、烏賊...

昔、コレステロール悪者説が登場した頃はさんざん文句を言われてたと思う。でも...実際は善玉コレステロールで、逆に食べた方が良いというのが最近の説だと思う。

例えば、「からだに良いといわれていたリノール酸

植物油(リノール酸)や魚油は、体内で過酸化脂質に変わって、長期的には体に悪いそうで...魚油は良いのかな?(^_^;)で、オレイン酸など動物性油は、過酸化脂質に変わりにくく、そんなに悪くは無い。「豆食えっ豆っ」より「肉食えっ肉」であるのです。
それよりも実際は...コレステロールって食べ物からは体に必要な5分の1しか取れなくって、「肝臓で残りを合成してる」ってどういうことなのさ。食べ物をいくら食べても関係ないじゃん(笑)

とまあ、こんな風に

ボクなりに結論を言うと...正直言って信用おけない。良いのと悪いのがコロコロ変わる。これからだって まだまだ変わるよぉぉぉぉ〜〜〜(笑)だから偉い人の云うことは話半分ぐらいに聞いておくのが丁度良いのです。
だからボクは人間よりも鶏を信じます。一日何個以上食べちゃ駄目とか云うのはどこから来たんだろう。目玉焼きに卵焼きにゆで卵、どれを取っても制限超えるよ?
誰か「一日5コ以上 卵を食べないと体に悪い」とかの説を出してくれないかなぁ...そしたら応援します。たまご最高! だって可愛いじゃん。<これが言いたい訳じゃないんです。決して。断じて(^_^;)