“酒”、“運転”で検索してたら、気になるものがヒット。

「“路上で寝てる泥酔者”を轢いても無罪にしろ」....うーん(^_^;)ヒット多数。少し罪を軽くしても良いとは思うけど納得いかない。
昔勤めてた会社で上司に送ってもらったとき、路地裏を高速で走られて恐怖したことが(^_^;)。誰か飛び出したらはねてると思う。暗いところでは危険予測なんてのは無理だから...見えないし。でも、路上の異物が判らないというのは、ボクの感覚からするとかなり怖い運転かな。ボクは夜中にスクーターで出歩く事が多いですが、路上に何か転がってても確実に避けてる。...ってか、車なら自分は平気かもですがバイク類では避けれなければ絶対に事故る。もちろん速度は抑えてます。制限速度+10キロ程度までは見逃してくれるらしいので40以上は出さないです。夜間の路地裏ならば20程度。近所のおば(あ)ちゃん連中は平気で「私は、50は出してるよ。勿論捕まるけど」<おいおい(^_^;)

夜中に、路上の異物を避けれない速度で走る人たちがそんなにいるのか(^_^;)

「高速道路」なら判る。教習所では「高速道路で急ブレーキを掛けると自分が死にます」と教わるものね。ゆっくりブレーキを掛けて止まれる状態で無ければ、避けるか、覚悟してはね飛ばす(>_<)

スクーターに乗って、最初に思ったのは車間距離の違い。

車はブレーキがよく効くけどスクーターは「それほどでもない」。で、乗った感覚は自転車と大して変わらないのに「速度は、やたらと出る」。感覚がつかめてない時に、一度だけ前の車に追突...速度は出てなかったのでタイヤだけ。でも恥ずかしかった(^_^;)
でも感覚が合ってきてから...そうね...大体、ウインカーを動かす基準(300メートル手前...若しくは3秒手前)にはブレーキを掛けはじめてるけど、それより200メートル手前ぐらいから速度を落とすと、300メートル手前で30キロ以下に。
ボクは「小刻みにブレーキを掛ける派」です。点滅を何度も繰り返すと「後続車への注意呼びかけ」にもなるし、予期せぬ「急ブレーキ禁止」にもなるから。...最初から制限速度なら、300メートル手前からブレーキこまめに掛け始めて 何も考えずに停止できるんですね(^_^;)「教習所とか、交通関係の教え」ってよく考えてある実用的なものだと思う。極めてまともだと思うけど、人によっては暴論かもです。事実、「暴論」カテゴリに書いてるボクの意見は、全てボク的には正論なもので(^_^;)