apple mailの、この動作ってバグですね...

OSX標準メールを使ってるけど、携帯電話に返信しようとすると「下書き保存」が出来ない。

エラー内容は

「このメッセージは“下書き”メールボックスに保存

できません」

添付ファイルのサイズが大きすぎるため、このメッセージ
は“下書き”メールボックスに保存できません。添付ファイル
をいくつか削除してみてください。

かなり悩む。

添付ファイルなんて無いし。そもそも携帯電話への返信なもので。以前、でかいファイルを載せたときもあったけど...その場合はあっちのサーバのデーモンが弾いてきました。保存できないほどのサイズってどんなものだろう(^_^;)

理由は以前悩んだときに判りました。

でも「判った」という事をボク自身が忘れちゃってた(笑)ので後々のために明記。文字コード関連です。
携帯電話から送られてきてるキャラクターセット(文字コード)は“iso-2022-jp”。ヘッダに書いてあるので間違いなし。

...ここは色々と不思議なんだなぁ...ボクが通ってた車の教習所でのメーリングリストもそうだったけど...とあるパソコンのデフォルトメーラーでは、送信するメールのヘッダに書いてある文字コードの種別と、実際に送るメールの文字コードが違ってる。純粋に業務使用で「デフォルトのまま使う」というのは本来トラブルが最も少なくなるべき選択の筈なんだけどウィンドウズは「道具として使う以上の知識」をユーザーに求めるらしい。何も知らない素人に解決させろって?(^_^;)

閑話休題。
原因なんですが...文章の最後になにやら文字が。表示されてない...豆腐になっちゃってるのでキャラクターコード20番以下...コントロールコードの類だろうと思う。バイナリエディタみたいな気の利いたものを持ってないので判んない。これが悪さをしてるので、返信するときに引用元から削除をしたらオッケー。
...発信者が、携帯電話を使い始めなもので...というかボクも携帯電話はiPhoneが最初だけど...発信者はiPhoneでは無いです。iPhoneだったらヘンな文字コードそのものが入れられない...だから最後に行末・文末として何を入れてるかとかの確認が取れない。マック・ウィン・UNIX間では、行末でCRとLFと又は両方、どれを使うかの問題が有るけど、携帯電話は また別に使ってたりして(^_^;)

なんかヤバいバグのような気がするんですが。

「添付ファイルのサイズが大きすぎる」ってもしかして「バッファオーバーフロー」じゃ無いですか(^_^;)メモリ内のどこまでをメールのデータだと思いこんで処理をしようとしたのだろう...OSXや、その標準アプリって最近、文字処理にバグが多い。チェックに閾値とかで手を抜こうと考えてるのかも(^_^;)

追記。

発信者に確認。一行だけで、ちゃんとCRコードも入れられるけど....どうやらいつも絵文字を入れてるらしい。外字区画だろうとは思う。