世界ふれあい町歩き「グアナファト」を見る。

メキシコのグアナファトという、世界遺産に登録されている鉱山都市。

午前11時に、路上でご飯を食べる皆さん。

「早めのお昼ご飯ですか」
「イヤ、朝食だよ。」「次は3時か4時に食べて、その次が8時ぐらい。夕食にね」

「家では食べてこないんですか?」
「朝、家ではコーヒー、牛乳、オレンジジュースとパンぐらい」
「この時間に ちゃんと食べて一日中、腹を持たせるんだ」

そうか、簡単な食事は食事に数えないんだ。

さらに...フルーツ大盛りとか、茹でたトウモロコシにマヨネーズを塗り、チーズをかけて食べてるオネーサン。両方とも上からチリペッパーかけまくりなのは、オネーサンの趣味では無くってメキシコ流だそうです。
トウモロコシは夜食に欠かせないそうで。

この、グアナファトでの皆さんのリッチ度(平民度?)を参考までに。

リンク:メキシコ基本情報 [¿Qué Pasó?]
メキシコシティーのホテルは、バックパッカー用の安宿・約US$10(シングル・シャワー付)から、五つ星クラスはUS$500位(更に高いホテルもあるはず)まで幅広い料金設定です。
グァナファトの場合、約US$10〜100程度(四つ星クラス)。グァナファトは世界文化遺産に指定され、建築基準が厳しいため、ここ数年は近郊のバスターミナル近くに近代的なホテル(Holiday Inn Expressなど)が開業していて、公演のために訪れるアーティストの方などは、Holiday Inn Expressに泊まることが多いようです。

>グァナファトの場合、約US$10〜100程度(四つ星クラス)。
バックパッカー用の安宿」1000円程度?から1万円程度?位の、良心的な値段で宿泊可能な土地だから、グァナファトは「観光収入はあるけどみんな平民」なんだろうと思う。

羨ましすぎます(* ´Д`*)=3

何てステキな街なんでしょう。
こういうのを見る度に思うのは...ウチら日本人よりも彼らの方が精神的に豊かだろうと思う。

  • 日本人は金持ちっぽく世界中から言われてるように聞く事が今まで多々あったけど、「精神的には、豊かでは無い。むしろ貧しい」と思う。スーパーにモノが溢れてるのだって、アジアの「極貧の国が異常なだけ」で、普通の都市では当たり前。

しかし、持ってるお金と食べ物の値段を考えると...どう思う?この食生活の違い。彼らメキシコ人の一人当たりの国民総所得は日本の1/5なんです。でも食べ物が安ければ問題無いです。メキシコは所得格差が激しく、「ホテルやレストランによっては白人だけしかいない」らしいけど...でも、レストランの料理より、彼ら平民の食べてる「ワカヤマス」とかチリかけトウモロコシの方がボクの性に合ってるからオッケーです。

  • 日本は消費税が高いからね...メキシコの「食品にかける消費税はゼロパーセント」。食べ物に消費税をかける馬鹿な国は日本とデンマークぐらいです...マゾ?

以下引用です

リンク:世界各国の消費税税率
消費税率だけ比較してみると、確かに日本の税率は安く見えます。しかし問題なのは、日本では年金暮らしのおばあちゃんが買う100円の大根も、社長のドラ息子が道楽で買う1千万円以上のフェラーリにも、一律に税金を掛ける事です。消費税が10パーセントや15パーセントになっても金持ちのドラ息子は全然平気ですが、年金暮らしのおばあちゃんの生活は破綻してしまいます

ゆえに先進国の大半では、消費税税率をひとくくりにせず、食料品などの生活必需品とそうでない商品とでは、税率を分けて設定しています。イギリスやアイルランド、メキシコ、オーストラリア等の国々では、食料品の消費税はゼロ(無税)に設定しています。贅沢品と生活必需品の税率をきっちり分けている国のほうが、世界的にははるかに多いのです。

やっぱり、どう考えても、ボク達よりも彼らの方が、精神的には遙かに豊かだと思います。

追記。国ごとの税金とかを調べてみたら、

不思議と、食べ物に税金を掛ける異常な2ヵ国のウチの1つ、(1つは日本)デンマークについての悪口を書かれてるところが無い。と云うか...何これ?検閲でもされてるの?

  • おいおい、全ての商品に25%の税金が掛かって...さらに、嗜好品には追加の消費税。自動車には200%税金が掛かる国なんだよ?貴族は免税だって。凄いなぁ、中国の、外国車へ100%関税が可愛く見えてきた(笑)

福祉が充実ねえ...

以下引用です。

リンク:デンマーク - Wikipedia
…略
国民の教育水準が高く、高齢者福祉や児童福祉も充実している。「医療制度と健康」「教育」「環境」「経済的な豊かさ」など100件以上のデータをもとに表わされる「幸福度」で世界178ヵ国のなかで、世界一になっている。しかし、医師・看護師の給料が低いことから、医療従事者の慢性的不足に悩んでいる。EU諸国やインドから医師や看護師を呼び寄せているが、診察や手術の予約待ちは数か月に及ぶことが普通。そのため、ガン患者などは中国で治療するケースが最近急増している。かかりつけ医に最初にかからないといけない規則があるため(私立病院に自費で行く場合を除く)、最初から医者にかからない患者がいて、結果、治療が遅れることもある。また、歯医者は補助が出るだけで、治療費はかなりの高額になる。そのため、隣国ドイツやポーランドで歯の治療を行う患者が非常に多い。

とは言っても、世界最高水準の社会福祉国家で、国民の所得格差が世界で最も小さい。
…略

検閲確定。これをみた皆さん。デンマークについて書かれてるサイトを検索してみて下さい。褒めまくりだから(^_^;...というか...実際に住まずに、本を参考にして書いたのが多いのかな?人口が少ないうえに、諸外国に比べて高齢者が比較的少ないだけでなく「子が年老いた親をみる習慣が無い」らしいから、医者は全額税金と云うのは理にかなって...必要に迫られてなのかも知れない。でも...例え無料でも掛れないなら意味が無い。