実家の隣で大騒ぎ。

大塚サンが、最近、再びご近所に。実家アパートの2部屋隣に越してきました。

  • 平屋に住んでいた時、近所に住んでた大塚サンにボクの部屋のプレハブを建てて貰いました。人並み外れた器用な人で、ボクは職人だと思ってました。でも実際は日曜大工で建築しちゃう人だそうです。

で、大塚サンがベランダで伸びている。

上の階から下を見てた人が見つける。大騒ぎです。近所からどんどん人が集まる。玄関は閉まってて開きません。ウチから腰高サンへはベランダ通れるけど、大塚サンの所には行けません。大塚サンの所へは、そのさらに向こうからしか入れません....つまりは、ベランダが全部繋がってるわけではなく、2件ずつペアで渡れるんです。で、その向こうの人が居ないらしいので、父ちゃんが消防署やら救急やらに連絡。

消防の人「隣から入れますね」
父ちゃん「大塚サンの隣、留守みたいなんですよ」
消防の人「さっきベランダで、下を見下ろしてましたよ(^_^;」

一度開けなかったから、開けづらくなっちゃったんでしょうか...最終的に開けて貰って、ベランダ沿いに大塚サンを救出。救急関係とか警察とかに、連絡者の父ちゃんが、やたらと名前やらなんやら聞かれまくり...ああいう書類関係って統一できないの?(^_^;

  • パーキンソン病を病んでしまったそうです。その為に、よくひっくり返り、そして一人では起き上がれない。今回は、たまたま奥さんが出かけていたので起きれなかったんだそうで。

夜だったら冷え切って死んじゃいますからね...お世話になった人なので、悪い別れ方はしたくないものです。