望月三起也...ボクならば、「秘密探偵JA」を勧めます。

OVAコンプリート・コレクション・シリーズ ワイルド7 コンプリート・コレクション [DVD]
以下引用です。

望月三起也の名作コミック「ワイルド7」の実写映画化が決定

リンク:望月三起也の名作コミック「ワイルド7」の実写映画化が決定 - GIGAZINE
マンガや小説を実写映画化することはさほど珍しいことではありませんが、なんと1970年代に人気を博した望月三起也の名作コミック「ワイルド7」が40年の時を越えて初めて実写映画化されることが明らかになりました。

クランクインが3月ということで公開時期はまだ未定ですが、往年の名作を最新の映像技術によって一大バイクアクションエンターテイメント大作にするとのことです。

スタッフやキャスト情報など、詳細は以下から。

映画「ワイルド7」公式サイト
リンク:5.23 ブルーレイ&DVDリリース 映画『ワイルド7』公式サイト

ワイルド7」は1969年から1979年にかけて週刊少年キング(少年画報社)で連載されていたマンガです。犯罪者の中からスカウトされた超法規的存在の警察官7人(ワイルド7)が悪人を裁くというものすごい内容で、そのキャッチコピーは「バイクに乗った七人のアウトロー警視」というものでした。

作者の望月三起也は創設時には漫画プロダクションだったというタツノコプロダクションに所属。1964年から少年キングに「秘密探偵JA」を連載し、これがヒット作になりました。その後、本作でさらなる大ヒットを飛ばし、ワイルド7連載終了後も要望に応える形で続編を執筆。このシリーズ以外にも数多くの作品を送り出しています。

ワイルド7自体はマンガ連載中の1972年から73年にかけて実写ドラマ化されたほか、1994年にはOVA化。さらに、2002年には原作から十数年後を舞台としてテレビアニメ化されました。

今回の映画化は2年ほど前に企画が持ち上がったそうで、阿部秀司プロデューサーは40年前の人気コミックを現代を舞台に映画化するために、監督らが1年近くかかって脚本を作ったと苦労を語りました。しかし、それだけに往年のファンでも、原作を知らない若い人でも楽しめるような脚本になっているとのこと。
…以下略

そういえば昔は、容赦ないヒーロー系のマンガが多くありました。

ボクは、ワイルド7はバイクに乗っているジャケット写真しか覚えてないなぁ...バイオレンスは苦手で覚えられない。覚えてたら夢に出てくるかも(^_^;。

「秘密探偵JA」は、単行本を幾つか買いました。

秘密探偵JA 6 (ぶんか社コミック文庫)
主人公の妹ちゃん...オンブちゃんだっけ?が可愛くって。いや、ガンダムのキッカぐらいの程度の描き込みですけどね。可愛いものは可愛いんです。

おチビちゃんが出てくるマンガならば、登場シーンはかなり覚えてます。タイトルは、なかなか出てきませんが(〃▽〃)