永久に効果が持続する くもり止め

以下引用です。

メガネ派に朗報、永久に効果が持続するくもり止めが開発される

リンク:メガネ派に朗報、永久に効果が持続するくもり止めが開発される - GIGAZINE
…略
リンク:'First-ever' permanent anti-fog coating developed

カナダ・ケベック州にあるLaval大学で、永久に効果が持続するくもり止めが開発されました。これで、メガネがくもって何となく恥ずかしい思いをすることはなくなるかもしれません。

今回発明されたくもり止めは、メガネの他にも車のフロントガラスやカメラレンズなど、透明なガラスやプラスチックの表面にかければ永久に効果を発揮するとされています。

くもり止めの主成分は、水滴を分散させる化合物のポリビニルアルコールです。しかし主成分のポリビニルアルコールよりも先に、表面には大気圧プラズマの作用でシリコン分子の4つの層が付着します。これらの層は互いに接合するだけでなく、アルコールとも結合し、コーティングの耐久性をさらに高めます。

すでにさまざまなくもり止めが市販されていて、効果の持続をうたっている物もありますが、Laval大学の研究者は、現存の商品は繰り返し洗うと取れてしまうので、定期的にかけ直さなくてはいけないことを指摘しています。大学は主力メガネメーカーとくもり止めについて商談を行っていて、その企業は技術のライセンスを取得することにも関心を持っているとのこと。

メガネを日常的にかける上で、温度差でくもってしまうのは地味ながらも大きなネックになっているところなので、これが実用化されればメガネをより快適にかけることができるようになりそうです。

…以下略

傷にも耐えられれば、かなり素晴らしいと思う。
でも、曇るメガネというのは萌え要素だと思うので、廃れたら悲しいかも。