読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンタカー...その2。

ところで...レンタルって、

ガタが来てるものを、如何に直さず保たせて客に使わせる商売だと思う。より使わせればそれだけ儲かる訳ですからね。今回の件だって、 父ちゃんたちが直すまでに使ってた大勢の人は、 泣き寝入りしてた んでしょう。
よく「プライバシーの侵害だ」とか云って情報を出すのを制限したりする考えがあるけど、これって使い方がオカシイですよ?こんな事の為にプライバシーなんてモノが有るんじゃ無いです。 私的なものじゃ無いしね。
そもそも、「皆が 不利益 を被る事柄を 公開しない 」と云う事は、それだけで犯罪になる。とも思ってる。うん。「未必の故意」と同じとすら思う。

「このままだと事故が起きるな」とか予想できたのに黙ってた。とかの...
例えば、線路に向かい赤ちゃんが歩いてった時に抱きかかえてでも止めなかった。とか、
開いてるマンホールに「白杖グラサンの人が歩いてった」時に声を掛けなかった。とかの...

考えれば防げられることを怠った事で起きる事故とか事件ね。
法律用語だったけ。こういう言葉って、もっと安易な...「誰でも判る言葉」にしなけりゃダメでしょ。
個人攻撃に当たる事で無けりゃ公開しなけりゃならないです。

人権団体。

プライバシー擁護をする団体ね。
こういう団体は、「擁護にのみ」活躍するから問題なんだ。公開しなけりゃ社会にとってマズい事は(勿論、「私的な事は断固省きますよ!」これは わざわざ云う必要の無い大前提です )...こういう人権擁護団体が、自ら進んで公開させるような行動を取るべきなんです。

  • つまり、

組織的に問題を放置する考えに対し...「黙ってる事で 不利益を被る個人の人権を擁護 」しなけりゃならないんです。
それで、やっと、人権擁護という行為へのバランスが取れるものと思う。

あ、別に、某レンタカー会社が憎くってココまで駄々を捏ねてるんじゃ無いですからね。
ただ、問題が起きても黙ってる...
良い人が損をする。 と云う社会はイケないです。