コメント欄が見当たらないのでやむを得ずこちらに書きます。

「最新のiMacを売却せざるをえなかったiMacの欠点」って...

リンク:iMac 2011感想 良いところ 悪いところ(Mac歴1ヶ月) | @eiKatou Blog

コメント入れたかったけど、コメント欄が見当たらないのでやむを得ずこちらに書きます。
荒れたのかな?最新欄はコメント欄生きてるけど、ここだけ停止してるっぽい。

なんて勿体ない事を...(^_^;

文字が小さい!読めない!

これは、私には致命的すぎる欠点だった。会社で使っているノートパソコンより小さい文字が、27インチのモニターに表示される。

眼鏡をかけて、視力は0.7ぐらい。大きなモニターだから、近づいて見ていると、顔を動かさないと端が見えない。顔を動かさなくて良いぐらい距離を取ると、今度は見えない。

コンタクトを入れると、視力は1.1ぐらい。これぐらいの視力だと、離れていてもはっきりと見える。

フォントサイズを大きくしてみたけど、システム全部のフォントサイズは変えられる物ではなかった。常にコンタクトを入れているわけでもないし、眼鏡で見えないのは辛すぎる。そういう理由で、別のPCに切り替えることにした。(私の視力の問題でもあるんだけど)

Apple製品にも弱点があったのか・・

>>フォントサイズを大きくしてみたけど、システム全部のフォントサイズは変えられる物ではなかった。

え?ああ、昨年7月に「Mac歴1ヶ月」ですか。じゃあ仕方が無いですね。

  • ディスプレイの解像度を低くすれば良いんでしょ?

appleのサイトで言ってるじゃん。「他と同じ解像度で十分だけど、もっと上の設定も出来るようにした」って。ちなみにボクはいつもメガネを外してモニタ見てますが、視力0.1です。低すぎですが問題ないです。

21.5インチiMacは、1,920×1,080ピクセルの高解像度。さらに大きな27インチiMacでも、この解像度をそのまま適用すれば簡単でした。でもAppleのエンジニアは、HD画質をはるかに超えた2,560x1,440ピクセルにまで解像度を高めたのです。
これは、21.5インチiMacディスプレイを78パーセントも上回るピクセル数です。

つまり、ディスプレイ解像度の設定を変えれば、システムとかメニュー含めて大きくなります。
1,920×1,080にすれば、27インチiMacで、21.5インチiMacの画面を拡大表示するわけで。1600*900に下げれば、もっと大きく。1024*768に変えれば、27インチの画面でXGAサイズを拡大表示。かなり大きいです。

しかし、2,560x1,440ピクセルの画面が一番きれいですからね...

本当に視力の弱い人なら、その為に用意された「ユニバーサルアクセス」でズーム機能を入れればオッケー。

  • >1つ目。キーボードがダメです。

おっしゃるとおり。

  • >2つ目。安定性にやや疑問。

ウチはオッケー。

  • >4つ目。RAID構成オプション

データ保護ならばタイムマシン機能がありますしね。ところで、サンダーボルトって下手なRAIDよりも早いんじゃないのかなぁ。だってそのポートでモニタも表示してる。モニタと追随可能な速度?よく判らないけど。

  • > 5つ目。タイムマシンでバックアップしようとしたら…

ウチはオッケー。G5から現行iMacでも動いてます。

  • >6つ目。自動で完全スリープに…HDDが止まってくれません。

設定に、「HDDを、可能ならば止めるか?」オプション有り。

  • >7つ目。USBポートが背面にあって挿しにくい。「Apple、お馬鹿なの?」

USBポートを前面に出すんじゃね〜〜〜
モニタとキーボード以外に、ケーブルなんて回すんじゃね〜〜〜(ーー#)? 

邪魔なんですよ。裏に回せば?。

リッチに16ポートUSBハブとか裏に差して、それだけ机の裏とかケーブルを迂回させて、差しやすい位置に置くべし。