一番の元凶は、人脈が強くって政治家を動かせるレベルの資本家

「原価厨」って言葉があるそうで。

原価に対して販売価格が高い事を責めてる人の事を「原価厨」って云うそうです。

間でマージンを取り過ぎてるのが判らないのかなぁ〜(笑)

原価って、多分、世界中でそんなに変わらない。
でさ、日本とアメリカでは人件費同じぐらいでしょ?
ピザの価格が、あんなに違うのはどういうわけかなぁ。え?土地の値段が違うって?
...アメリカでは(州の法律)売上税...最終売り上げ時に掛けるんですね。売上税が無い州も有ります。

え?日本は他国に比べて低めだから問題無しって?業者をとおるたんびに掛かるんだよ?
5%で済んでる訳無いでしょう。

そもそも、外貨獲得能力が無い*1日本の第一次産業を保護する為に、せっかく円高差益で安く入ってくる外国製品に関税掛けるなんて...その価格も上乗せ、そして業者毎に消費税。日本の政治家って馬鹿すぎ。って云うか、そうさせてる経済学者は国賊だと思う。
まあ、一番の元凶は、人脈が強くって政治家を動かせるレベルの資本家なんですけどね。
政治家が一番怖いのは、資本家に睨まれる事だろうし。だから、意図してか知らずか、かれらが自腹を切らないようにすべきというのが政治家の考えでしょう。

心当たりのある資本家は、「もっと所得税に回しても良いよ」とか政治家に働きかけるべきです。もう遅いか...竹下サンの時に、金に目がくらみ消費税を許した資本家が、この国力低下の元凶だと思う。

*1:非力すぎて無いに等しい