「お勤め終了〜♪」

人類は衰退しました。epsode12 「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」を見る。

話の密度が濃すぎるのでネットで調べたら、かなり端折ってるらしいです。12話で終わらせる為に、かなり無理をしたのかな?。

お茶会...「野バラ会」に入会。

「Y」こと銀髪ちゃんと一騒動してから仲良くなり、(と云うか、悪友っぽいけど...)その過程で、野バラ会のおじょーさん達のブラックな面を教えて貰う。教えて貰うと云うよりも、腐女子だとバラされないが為の取引の情報として。

  • そうそう、

「Y」って名前の省略だと思ってた。でも、この中で名前で登場する人って居ないんですね。「わたし」ちゃんは「野バラ会」では「お菓子ちゃん」って呼ばれてた。多分、「Y」の命名は、「わたし」ちゃん。

「天空のトウマの心臓」

その一騒動の始まり...「Y」が落としてった本のタイトル。これって「トーマの心臓」のパロですね。そうか、学舎ってギムナジウムがモデルなのかな。うん。部屋同士を繋ぐ裏の道も、多分アレからでしょうね。

え?「トーマの心臓」持ってませんよ?。立ち読みした事があるだけだから余り覚えてません。<(#^_^#)?

「Y」って、yaoiの頭文字でしょうね。多分

卒業。

野バラ会の面々は、先にばらばらと分かれていき?どうやら、最後の卒業生。
学舎は解体...何話か前に、最後の学舎だとか云ってた。もう入学生も居ないんでしょう。どうやら極限です。最後です。

  • 思い出す。

夜中?飛び起きて、学舎の寮部屋から走り出した「お菓子ちゃん」
実は寂しがってたんですね。で、この時に、学舎入学時に助けた妖精さんがポケットから飛び出して、その願いを聞いた。
そして、本人は全く知らずに、そのお礼が始まると。

実家にて。

壁にぶつかりまくってたお世話ロボットを、「Y」が連れてくる。
そして妖精さんが...「お勤め終了〜♪」って飛び出す。
f:id:t_aki:20120922090235p:plain

お菓子ちゃん					妖精さん
「お久しぶりですね〜」				「いつも一緒でしたが?」
「そんな気はしませんでした」			「まだ寂しい?」
「いいえ、頭の中で、いつもお茶会が開かれているようなものですから」	「♪」
「あなた自身は、寂しくないの?」			「千客万来ですから〜♪♪」

今のお菓子ちゃんの 妖精さんに囲まれた生活って、その時のお礼がずっと続いてたんだったりして。

「人類は絶賛衰退中です」だそうです。