「モダンコンバット・ドミネーション」損したかも。

「モダンコンバット・ドミネーション」を買う。

FPS*1...一人称視点の射撃ゲームです。他機種も出てますが、これはマック用。 アンリアル・トーナメント(通称「UT99」...1999年製なので)の追加モードのモンスターハントが好きですが、流石にゲーム画面とかが今と違いすぎ。で、色々と動画とかを見比べて、コストパフォーマンスが良さそうなゲームを探す。

無料版のDOOMは、UT99が最新ゲームに見えるぐらい。流石に無料版の画質は凄まじく酷いです。 「UberStrike HD」は、同じく無料だけど紹介画面がきれい。でも、これってボクの環境では動きませんでした。メール登録を要求してきて入れたけど弾かれて、一度も動かせず。

で、「モダンコンバット・ドミネーション」。1100円ですか。ゲームセンターで100円でゲームをやるとして、少なくとも10回は楽しめそうなので購入。

「ドミネーション」

ステージを攻撃側、防御側とチームに分かれ、規定ポイントとか制限時間とかのルール内で、ひたすら撃ち、殺し殺され復活しまくるゲームモードですね。 開発元かな?ゲームロフトへのリンク マックとかPC用のサポートページが無いのが不安。しかし検索でも、ゲームレビューでも、そんなに悪く無さそう。

さっそく、突撃。

画面が目新しくないとかの評価だったけど、UT99とは比べものにならないです。画面の進歩は流石。初期設定の動き方は、ダイヤモンドカーソルの変形っぽい。

しかし...

うーん、確かにリアルっぽくはなったんですけどね。ゲーム性はUT99よりもずっと落ちるかも。 通常照準からスコープに切り替えての射撃は、「人の操作する」狙いの正確さが上がる訳では無くって、ヘッドショットとかの確率を上げてるようです。

  • 当たり判定も確率的。

8人対8人でボクだけ後ろに回り込み背後から近くで撃つと、「狙いの正確さに関わらず」当たり判定のみが上昇。で、接近して...ただの拳銃でも、スコープというか...構えて射撃するその姿勢で当たり判定が上昇して倒せるような感じがします。

リアルさとゲーム性は両立出来そうに無いのは、何となく判ってたし、これはこれで面白いとは思うんですけどね...もっとゲームっぽい「N.O.V.A. 2」にすべきだったかなぁ...

UT99は、とても面白いんですが。なにせ10年やっても飽きない。

Unreal Anthology (輸入版)

画面だけ書き直してまた出してくれませんか?