ちょっとお堅い話だったけど、視聴を続ける価値有りだと思います。

“100分de名著” を見る。

サン=テクジュペリ 星の王子さま 第2回「悲しい勘違い」

サン=テグジュペリ『星の王子さま』 2012年12月 (100分 de 名著)

司会として伊集院と、あと...島津有理子ってアナウンサーが、感想やら突っ込みやらコメント。で、その本の話題に詳しいゲストが解説するような番組のようです。

新番組で最初に取り上げたのが「星の王子さま」で、その第2回目。最初の翻訳本...内藤濯*1のに沿った感じかな。

星の王子さま (岩波少年文庫 (001))

著作権切れ以降、訳本、たくさん出ちゃったからね。最初のを取り上げるのが無難かも。 「北九州市立大学の水元弘文教授」がゲスト解説でした。

伊集院は、原作本とか読んでない立場からのコメントだったけど、悪くは無いです。いや、むしろ良いと思う。...訳本に こだわりが有る人が多いから、色々と気を遣ってるのかな。?

  • ちょっとお堅い話だったけど、視聴を続ける価値有りだと思います。

え?番組冒頭のバックに流れてる曲が poneだったから、えこひいきしてる訳じゃ無いですからね?。

...ってか、何このサービス。素晴らしいっ。?

*1:アロウ