ショックを受け、尚かつ感心した言葉。

ボクが言われた訳では無いんですけどね。
えっと、東京家政大学ナースリールーム主任保育士 井桁容子サン曰く、

予防接種を嫌がる子どもをお菓子で釣る。

「お母さん、これってどうおもう?」
「何かをやりたい時に、『このお金をやるからオレのいう事を聞け』みたいなのと同じでですね」
「人の気持ちをモノで...釣られて自分の気持ちを変える事を教えているのと同じになって」
「実は友達に使うようになるんです」

「つまり、親が、やって見せてる事は、子どもは、そのまま方法として受け入れると云う事なんですね」
「だから、モノで釣ってはいけない」

「お菓子は、食べさせたい量+少し多めに小分けにしておく」
「報酬がルールとして決めてあるのであれば良いんです」

言葉の使い方次第で、丁寧で優しい口調を保ちながらも説得出来る事を実践してるようです。
内容もさることながら、素晴らしき話術。

レベル高いなぁ...