「確率」とは何ぞや。ネタばらし。

「確率」とは何ぞや。

えっと...ボクの、「確率」に対する暴論にはが有りまして...σ(^_^;)💦

確率とは何ぞや。それを考えるには...自然にある確率を考えるのでは無く...その確率を作ってみればいいんです。要するに、乱数をプログラムで作ってみればいいんです。

  • 確率(乱数)と云うのは...ばらばらにする事が大変なんです(自爆)

乱数とは、確率を平均にする為にはどうするかを考える。ただひたすら考える。もう、それしかないです。しかし...本当に正確な平均というのは規則がある。と言う事です。

  • 正しい意味での平均とか「順番」に並んでると、それは「規則的」と言う意味なんですよ。

だから、順番に並んでたらいけないんです。駄目なんです。従って...適当に、作為的でないように苦労して、データを偏らせなければならない...どうですか?これ。なんか可笑しくないですか(笑)

つまり...計算によって適当に、「の偏り」を作らなければならないんです(#⌒∇⌒#)ゞ😊

そして出てきた「ボクなりの理屈」を現実世界に当てはめた結果が、この暴論。宝くじとか確率とか...と言う訳なんです。

リンク:事故とは故障率です。 - t-aki(たみぃ)の blog

ボクの暴論って、かなり特殊なのかなぁ...検索しても、同じ事を考えてる人が居ないんですよ。

そんなに変なのかなぁ...と云うか...ボクはエラいセンセの考えてる理論がさっぱり判らない。スミマセン馬鹿なんです。でもね、物事って、そういう小難しい計算とかから出てくるものじゃなくって、ボクの考えてる程度の...「ずっと単純な事」だと思うんですよ。

なんか先生っていう人たちの云う事って、どうにも「誤謬」にしか思えない。頭は、多分良いんでしょうけどね...

そうか、頭が良すぎて可笑しくなっちゃってるんだ。そうに違いない。