マックの、入力キーの取りこぼし。

アップルの...マックの、入力キーの取りこぼし。

 

次に再現したときのために覚え書き。

 

ATOK2013にバージョンアップ。

ATOK 2013 for Mac [ベーシック] 通常版

で、文字を入れ始めたけど...

何だこれ...キーを取りこぼしてる(-.-#)

満足に文章打てないじゃないですか。

 

ただ取りこぼしてるんじゃなく、

面白い動作をしてました。

キー入力の順序が、時々逆になったりとか。

FIFOだと勝手に思い込んでたんですが、LIFOも有り?

 

てっきり、ATOK2013のせいだと...と云うことで、

ことえり」やら「EGBridge」やら、

google日本語入力」までも試してみるが、いずれも 取りこぼす。

ATOKで常駐させてるソフトがイケないのかな?と、思い、

「AtokAlBg」とか「JUST UpdateChecker」「ATOKダイレクト」等々を外すが変わらず。

Onixでシステムメンテをするけど変わらず。

PRAM消去も変わらず。

で、ふと、キーボードを以前使ってたサンワのに換えたら、ちゃんと動く。

 

あれ?もしや...と思い、

もう一度appleのキーボードを差したら取りこぼしなく動きました。

 

たまたまUSBドライバが壊れたのかもしれない。

 

追記。atokの再変換...

ことえりモードに変えられるけど「ctrl+SHIFT+R」って、やりにくい。

 

でもさ、ことえり使ってる人で「ctrl+SHIFT+R」なんて普通やらないんじゃないかな。

 

だって、ことえりって「カナキー2度押し」で再変換出来るじゃん。

何でそんな、使わない...面倒くさいショートカットを真似するのかな?

嫌がらせでしょ。

 

 

以前、「 カナキー2度押しサポート」って宣伝してたので、再変換出来るようにしたと勘違い。

 

日本語の再変換は「ctrl+SHIFT+R」で、これはアルファベット対応せず。

アルファベットの再変換は「 カナキー2度押し」これは日本語対応せず。

なんだかな...区別する理由あるのかなぁ...

ことえりモード」とかいっても、半分の機能しかサポート出来てないじゃん。

 

まあいいか。