読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリス君は、なんか、恨みとかの後ろ向きの理由で救う気がしてきた。

神様のいない日曜日 #11「3年4組 Ⅱ」を見る。

TVアニメ『神さまのいない日曜日』公式サイト

15年前、神様に見捨てられて以来、人は生まれず死者は死ななくなった。
そんな中での、死者に安らぎを与える事が出来る墓守の少女 アイの物語。

神さまのいない日曜日 オリジナルサウンドトラック

 
永遠にループし続ける3年4組を中心にした世界
アリス君の願い...「3年4組を救う」を叶えるために
3年4組に入るアイちゃん。
 

やっぱりアイちゃんは好きになれない。

どうも、あの天真爛漫さと思い込みで、
すべてをぶち壊す気がしてしょうが無いんですよ、うん。

死者が死なない世界...死んでも変わらず動ける。
いわば墓守こそが死神 そして、人は生まれない。

...だから、ユリーとスカー*1が赤ん坊を連れて歩いてる状況って、
ボクらから見れば、家族の微笑ましい光景でも、
死なない世界の人から見れば、尋常じゃ無い ヤバすぎる光景な訳で。

f:id:t_aki:20130916042644p:plain:h280

だから、この「3年4組」だけが...
記憶も年齢も、生死すらもリセットされ、ループし続けるこの世界だけが、
三人が普通に暮らせる世界なんだろうと思う。

アリス君は、世界を壊すことで世界を救う。

「誰を犠牲にしてでも3年4組を救う」と公言。
 
アリス君の特殊能力は、狙ったモノを確実にシュート出来る。
バスケ選手としては願ったり叶ったりの能力なんだろうけど、
試合になれば...100%入れられる能力なんてのは、
「ゲーム」として成立しなくなってしまう。もう選手として役に立たない。
 
ループそのものは3年4組の皆が願った結果なので...
「救う」というのは、その願いをぶち壊して、
アリス君の主観で救われたと思う世界にしてしまうと。
どうやら、「ディーちゃんが死んだ事件」を認めたくない皆が願った世界。
 
アリス君は、なんか、恨みとかの後ろ向きの理由で救う気がしてきた。
 
アイちゃん以上に、だめだめな気がします...σ(^_^;)

*1:墓守