読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国のお役人は、わざとやってるのに違いないです

物価が下がってる...「家とか、家電を買いまくる人にとっては」ですけどね。

大阪で、生活保護受給者が「保護費引き下げ反対」を申請したそうで。

先月から、保護費を下げてるそうです。

国が...物価が下がったから保護費を下げるって。
で、大阪の困窮者が「引き下げあかん! 生活できへん!」と。

先月から...保護費の中の、食費や光熱費の部分に対して、
再来年までに段階的に、全国一斉に引き下げ。
大阪府は、この請求を認めるかどうか
50日以内に裁決を出す事になる。

まあ、なんて云うか...国の考えてる事って矛盾が多いから。

例えばさ、

  • 食費や光熱費...

光熱費は上がってるでしょ?
電気もガスも。考える余地無し。

  • 食費は?

「物価が下がってる」...多分、消費者物価指数を見てるんだと思うけど、
小麦とか値上げのニュースやりましたよね。
でも、物価は下がった事になってる...
なぜなら...消費者物価指数って、生鮮食料品は除外なんですよ。
 
生活困窮者がを買う?電化製品を買う? まず最初に食べ物でしょ。

まあ実際の所...

保護費の中の、 食費や光熱費の部分に対して引き下げ。
ですからね。
国のお役人は、わざとやってるのに違いないです。
 
でも...大阪の困窮者の味方をしてあげたくっても
ネットに繋げられる余裕は無いでしょうからね...
支援者が見てくれる事を願います。