運動法、4スタンス理論

全力教室「体に合った運動法で誰でも運動神経UP」を見る。

JOC強化トレーナー廣戸聡一による4スタンス理論の解説。
...自分と違うタイプの運動法は理解できないそうです。
  

立ち姿勢の重心...バランスの取り方で4つのタイプに分類でき、 それぞれに合った、効率的で怪我もしにくい運動法がある。
と云う理論。のようです。
f:id:t_aki:20140324012725p:plain:h190

以前からこういうのは気になっていました。

 
なんて云うのかな...例えば畳4畳分ほどの枠に、前後二段で ぴったりのサイズのモノを入れる作業の時、
ボクは手前から入れた方が楽なんですが、
奥からの方が良い人も居るようです。
 
中腰で奥に突き出すので 腰に悪いと思うんですけどね...
 
この4スタンス理論というのは、
「自分と違うタイプの運動法は理解できない」そうで、
見てて 何となく納得。
上記の「箱入れ作業」も、それに近いものかもしれないです。
 

タイプ。

 
f:id:t_aki:20140324012847p:plain:h190 f:id:t_aki:20140324012903p:plain:h190  
 
 
 
 
 
 
手の指先で握り、つま先重心、肘固定で手首を動かすAタイプ。
手のひらで握り、かかと重心、手首固定で肘を動かすBタイプ。
f:id:t_aki:20140324013000p:plain:h190 f:id:t_aki:20140324013033p:plain:h190 f:id:t_aki:20140324013106p:plain:h190  
 
 
 
 
 
 
太ももを内側回転で立てる(内側重心)手の指は内側、人差し指の1タイプ。
太ももを外側回転で立てる(外側重心)手の指は外側、薬指の2タイプ。
 

の、4種類ですか。
 

ボクはABはよく分からない。多分Aかな

 
太ももは、はっきりと2タイプ...外側重心だと分かりました。
手の指なんか、カップを親指、人差し指だけでなんて持てないです。
必ず薬指を使ってる2タイプ。
だから、ボクはA2タイプなんでしょう。

  • 追記

利き腕だと分からなかったけど、
左手だと、手首を思うように動かせないのに気がつく。
そうか...Bタイプ...B2だったんだ。

 
f:id:t_aki:20140324013742p:plain:h250

体力測定。
Aは肘固定で力が出て、A1は首の幅、A2は肩の幅まで肘を広げる。 Bは肩で力が出るので、肩幅で固定。
B1は体の後ろ、B2は胸の下に肘を持って行く。

それぞれに優劣は無くって...体力の測定器を取っても、
その器具を、自分に合った持ち方にすれば20〜30キロ前後、簡単に変わるって...差がありすぎでしょ。

 

走りの実践。

 

スタート時。Aタイプは、ラインに足を揃えてから片足を下げて重心を前に。
 
A1は、腕を体の前に出す。
指導者は、みぞおちを前に引っ張るようにする。
A2は、腕を、体の幅で振り上げる。
体を起こさないように走る。
みぞおちの後ろを前に出す。
指導者は、みぞおちの後ろ側を押す。
 
スタート時。Bタイプは、ラインから一歩分、後ろに下がる。
そこから足を前に出して、重心を後ろにする。
 
B1は、前足に重心を乗せてはいけない。
骨盤を前に出す意識。体の横で腕を引き上げる。 指導者は、腰を押す。
B2、体が浮くのを押さえる。首の付け根を前に出す意識。
腕が交差するよう後ろに振る。
指導者は、首の後ろを押す。

 

逆上がりの方法でも重心によるやり方の違いが。

 

Aタイプの踏み切りは、鉄棒の少し前。肘とみぞおちを固定。
A1は逆手。A2は順手で。
 
Bタイプの踏み切りは、鉄棒の深い位置。
B1、首と肩を鉄棒に。腰を高く持ち上げる。
B1は順手。B2は逆手で。

 
あれ?ボクは逆上がり、逆手でやってました。
で、位置を深く滑らせながら腰を上げて引きつけ、
肘とみぞおちを固定して、体重と遠心力を使って
重心を鉄棒の向こうに持って行き、
なるべく体力を使わずに回転😋
そうか、もっと楽なやり方があったのかな。
B2タイプならばオッケーです。ベストな方法のようです。

4スタンス理論ですか...なかなか面白かったです。👍

筋肉は伸ばさず、ゆるめる!4スタンスリポーズ体操

キミは松井か、イチローか。―野球革命 4スタンス理論

【陸上競技版】4スタンス理論