読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ・プリンセス

ARIA The ORIGINATION #8 、#9を見る。

 
#8「その 大切な人の記憶に…」
#9「その オレンジ色の風につつまれて…」
 
です。アリスちゃんと言えばピクニック。
スタッフ?原作者?たしか「最後には叶えてやりたい」だっけ...
しかし、その希望が叶えられる時は最終回間近と。

#8は...

ドジっ娘先輩のアテナ*1さんと ピクニックに行きたいアリスちゃん。
せっかく計画してたのに、アテナさんに急な仕事が入りダメに。
早々と済ませて急ぎ帰宅、さあピクニックに...で、アリスちゃんはプンスカ(`ヘ´) 😤
まぁ社長(まぁくん) *2 のまき散らしたバナナの皮で、でっかく転倒したアテナっち。
記憶喪失になっちゃいました。
 
って、アリスちゃんに嫌われたかと心配になったアテナっちのお芝居だったんですけどね。
 

で、#9。アリスちゃんのミドルスクール卒業日。

燃えてるアリスちゃん「今なら何でも出来そうなきがします」
アテナっち「アリスちゃん。明日、ピクニックに行きましょうか」 〜

アテナっち「そうだアリスちゃん、今日は私がお客様で、アリスちゃんがウィンディーネの役で通してみない?」

帰り。到着直前の、水門手前での...姫屋のウィンディーネ*3とのすれ違いの時。

「がんばってね」
「? 私、そんなに頼りないんでしょうか」
f:id:t_aki:20140525055415p:plain:h130

水門で、カンツォーネへの自信のなさを口にするアリスちゃん。
で...カンツォーネの名手でセイレーンの異名をもつ*4 アテナっちより、アドバイス。

「本人がつらいと思って歌う歌は、聞いてる人にもつらく伝わるわ」

f:id:t_aki:20140525055239p:plain:h130
「何より大切なのは、歌う事が大好きだという気持ち」
「アリスちゃんが歌を...アリスちゃん自身が好きになってあげなくて、ほかのだれが好きになってくれるというの?」
...
「ウィンディーネさん。もう目的地は目の前ですよ」

f:id:t_aki:20140525055241p:plain:h130 灯里*5先輩、藍華*6先輩
f:id:t_aki:20140525055242p:plain:h130 f:id:t_aki:20140525055244p:plain:h130
水上エレベータの人とか、会社の偉い人、ゴンドラ協会の人が待ってる。

で、カンツォーネを歌うようにと。

f:id:t_aki:20140525055246p:plain:h130 f:id:t_aki:20140525055245p:plain:h130
このピクニックそのものが昇格試験でした。
そして見事に歌い上げたアリス*7ちゃん。
f:id:t_aki:20140525055248p:plain:h130 f:id:t_aki:20140525055250p:plain:h130
合格。さらに飛び級*8で、 いっきにプリマ・ウィンディーネに。 f:id:t_aki:20140525055252p:plain:h130
通り名は「オレンジ・プリンセス」。  
ついにアリスちゃん昇格しちゃった。
あと4話かぁ...
TV未放映の「その ちょっぴり秘密の場所に…」やってくれるのかなぁ...

*1:通り名はセイレーン「天上の謳声」

*2:火星(アクア)猫の子猫...の筈だけど、ボクには超小型パンダにしか見えないんですが

*3:アリスちゃんとアテナさんは「オレンジプラネット」所属。他社の...「姫屋」のウィンディーネが知ってるのは、この昇格試験が創設以来の異例の事だから

*4:ただしドジっ娘

*5:灯里...あかり、アリアカンパニー所属

*6:藍華...あいか、姫屋所属

*7:アリス・キャロル。通り名は「黄昏の姫君」オレンジ・プリンセス

*8:見習いはペア(両手袋)営業制限のある半人前はシングル(片手袋)。一人前は通り名が付く。プリマは「素手」の意味