ニキビ治療薬に、一緒にマラセチア毛包炎への薬を入れておくべき

ためしてガッテン「美肌の大敵! 治らないニキビの正体」を見る。

顔に出来た「できもの」の治療で、ニキビ治療薬を使い洗顔等々、いろんなケアをしても治らない例を上げてます。
えっと...ニキビって、アクネ菌が原因で、治療薬が市販されてるやつですよね。

で、治らない例を

f:id:t_aki:20140920065146p:plain:h283

どうやら、そのケアのすべてが...顔を触る
で、その、顔を触ることによって、どんどん そのできものが増えていくって。

f:id:t_aki:20140920070100p:plain:h153 f:id:t_aki:20140920070059p:plain:h153

「扁平疣贅」...ボクは初めて聞いたけど、扁平...広がっていく。 疣贅...イボ。って意味だそうです。
HPV...ヒト・パピローマウィルスが原因で、感染性。 だから、市販薬を顔に指で塗り込む時、ウィルスをなでつけてるような感じに。結果、ウィルスが広がっていくそうです。

f:id:t_aki:20140920111729p:plain:h153

さらにもう一つ。

f:id:t_aki:20140920112135p:plain:h153

マラセチア毛包炎。背中一面に大量発生する事もあるそうで。
見分け方は...解らない?ボクら素人には無理っぽい。
別の菌だろうからニキビ治療薬は効きなさそう。お医者さんに相談だっ。😨

ニキビと区別が難しいだけでなく、その治療薬によってアクネ菌が減ると、その分(ライバルが減った為)元気になって大量発生するそうだから...この病気の蔓延ってのは、ニキビ治療薬を作った会社の人為ミスだと思いますよ?ニキビ治療薬に、一緒にマラセチア毛包炎への薬を入れておくべきですね。

ところで。

昔、よく...手のひらで顔を覆って、隠れる範囲にできたできものは、命に関わる。って聞きました。あれって本当に有る事だそうです。「面疔」って云うんだそうです。顔周辺から脳のそばへの血管に入れるので脳炎を引き起こしたりとかするって。 原因菌は、皮膚の上とか腸内とか、どこにでもいる常在菌の、黄色ブドウ球菌wikiによると 鼻の中にも居るそうだから、鼻の周りに怪我をしたら即入ってこれるんだろうと思う。
 
判断方法は...これだけ唯一、痛みを感じるできものだとか。
 
今は抗生物質があるので死ぬことはないって。薬局にも軟膏の効能書きに「面疔」と書いてあるのがあるしお医者さんだって居るしね。