はさみを一回入れるだけで、どんな多角形でも切り出せるそうです

Eテレ2355 ID 数学selectionを見る。

はさみを一回入れるだけで、どんな多角形でも切り出せることが証明されてます。

f:id:t_aki:20140923120907p:plain:h283 f:id:t_aki:20140923120855p:plain:h169 f:id:t_aki:20140923120916p:plain:h157

f:id:t_aki:20140923120939p:plain:h153  
数学者エリック・ディメイン*1が1998年に証明したそうで。
そんなばかな...角ってどうするの?と思ったけど、その問題は大昔に解けていて、折り紙の「一刀切り」...角の2等分線と、切り出す線への垂線を折る...って技だそうです。
 
問題は解けてても...方法は解ってても...それを「証明」するのが難しかったんだそうです。

角の2等分線と、切り出す線への垂線を折る。
どれだけ複雑でも、多角形は三角形と四角形に分割でき、
さらに折れば一直線に並ぶよう折りたためる。と。

で、エリックは..図形の中に円を描いて折り線を出し、どの順番で折ればひとつの線上に乗せられるかのアルゴリズムを作って証明したそうです。

文章だと、あっさりと書けちゃうけど。

世の中にはホント天才って居るものだなぁ...

*1:2001年...20才からMITに在籍