「ら」を入れると言いにくいです。

「ら」を使うべき尊敬語は発音しにくい

  • 「ら抜き言葉」使う人がついに多数派に 「おk」「うp」も文化庁が調査してみると… www.huffingtonpost.jp 文化庁は9月21日、2015年度の国語に関する世論調査の結果を発表した。その結果、「ら抜き言葉」のうち「見れる」「出れる」という表現を「普段使う」と回答した人の割合が「見られる」「出られる」より多数派になったことがわかった。本来は誤った使い方とされていた言葉が、1995年度から始めた調査開始以来、初めて本来の言葉を上回る結果になった。

調査では「見れた」(48.4%)が「見られた」(44.6%)より多く、また、「出れる?」(45.1%)が「出られる?」(44.3%)を上回った。一方、文化庁は他にも複数のら抜き言葉の浸透の度合いを調査している。「食べられる」「来られる」「考えられる」に関しては「ら抜き」を使う人の方が少なかった。

「ら抜き言葉」が正しい日本語では無い。というのは、ATOKから警告されて初めて気づきました。

そりゃあ正しい言葉では無いかもだけど…「ら」を使うべき尊敬語は発音しにくいからね。
そもそも、この敬語に限りほとんど全て、別に言い換える言葉*1があるから、言語学の勉強みたいな感じに分類するんじゃなければ、その言い換え側の言葉を使うべきだろうと思うので、敬語として使うんじゃなく普段の口語として使うならオッケーだろうと思う。

っていうか、ぶっちゃけ面倒。言いやすいのが一番良いですよ。

*1:見られる…ご覧になる。来られる…お越しになる。等