これが新しい世界なのね

オカルティック・ナイン第5話を見る。

不審者やってて、サライに追い詰められた、がもタンの結末なんだけど、

f:id:t_aki:20171231233257j:plainf:id:t_aki:20171231233303j:plainf:id:t_aki:20171231233314j:plainf:id:t_aki:20171231234151j:plain

サライ:「何故、キリキリバサラなんだ?」
がもタン:...こいつ、ボクのことを知ってる!
サライ:「君のことは相川実優羽さんを通して聞いた」
サライ:「父が死んだ日、きみが成明大学10号館を訪れたことも」
がもタン:「ボクは犯人じゃ無いっ!」
サライ:「君を疑ってなんかいないさ」

がもタン:「きみはキリキリバサラの管理人。と云うことで間違いないんだな?」
がもタン:「そういうあんたは、橋上教授の息子」
サライ:「橋上サライ」
サライ:「キリキリバサラには何度かコメントしたことがある」
がもタン:「あ、そう...サライって...SARAI?」

サライが言うには...がもタンが警察よりも先に現場にいたことは、みゅーちゃんから聞いて知ってるって。
しかし教授には拷問された後があり、それをがもタンが行うには色々と不自然だそうで...拷問は、それより前の時間だそうだし...だからがもタンを疑ってないと。しかしがもタンが警察に何も言わずに逃げ出したことは不自然だし不愉快だと。
で...警察が何も教えてくれないので...なにか知らないか?見聞きしてないかと問い詰めて、「CODE」を聞き出す。

サライ:「CODE...ダイイングメッセージがあったのか」
サライ:「警察は、そんなことは何も言ってなかった」
がもタン:「探してみようよ」

f:id:t_aki:20180101002956j:plainf:id:t_aki:20180101003003j:plainf:id:t_aki:20180101003009j:plainf:id:t_aki:20180101003017j:plainf:id:t_aki:20180101003025j:plain

サライは部屋に入らず...まだ心の整理が付いてないんだって...がもタン一人で探すけど、
サライにも黙っていた奥歯に偽装した鍵に合う鍵穴も見つからず、そもそも、引き出しは底が壊されてて中身は持ち去られてる。

f:id:t_aki:20180101004023j:plainf:id:t_aki:20180101004030j:plainf:id:t_aki:20180101004034j:plainf:id:t_aki:20180101004039j:plain

天井を眺めてるがもタン...突如スカイセンサーから声が。
そして天井がコードだと助言される。
がもタン、天井の塞いだ穴...穴のドットの並びがコードだと理解。
要するに2進数で何かの情報が書き込まれてるんですね。

tummy.hatenablog.com

そんでもってサライに伝えて解読してもらう。

どうやら256人分の名簿とおぼしき、何らかの情報が書かれてると知らされて、
井の頭池での集団自殺の、自殺者の名簿だろうと。
この時点で、まだ見つかった自殺者の、全ての氏名が判別できていないし、
解読したのは任意の数名分だけみたいだから、
照らし合わせる訳にもいかなかったみたいだけど...
そもそも、一晩にかな?一度に短期間に行方不明になった人が居るなら、
届け出から逆に不明者を割り出せる筈なんですね、普通だと。 でも、それが出来なかったのは...

  • 死んでる人も、そうと気づかず一緒に生活してるから😅

そのコードの件で喫茶店に寄ったサライに、 西園梨々花の同人誌を見せる、がもタン。
もちろん笑う。いや「帰る」ってなる所を説得。
念のために読んでたら、解読できなかった文字列と同じ番号の並びを、 登場してる車のナンバープレートに発見。
いや、「3315728」というナンバープレートが、解読できなかった文字列「EEQTUWI」と対応してることに気づいた。
これはもう、偶然の一致どころか解読のヒントになる訳で、持ち帰り調べることに。
その同人誌の別の所に「ことりばこ」が描かれてるのを、みゅーちゃんが見つけて声を上げる。
ことりばこの説明は出てなかったけど...殺した人の体の部分を集めた箱だっけかな。
多くの人数を集めればより強力な呪いの道具になるとか。でも9人まで。10人目は多すぎて作成者が死ぬとか。 ...なぜ、みゅーちゃんが声を上げたのかとかは、この後に出てくるのかなぁ...それともこの話の最後の「魂は...」と関係が?

西園梨々花と白い少年との会話。
f:id:t_aki:20180101012057j:plainf:id:t_aki:20180101012103j:plainf:id:t_aki:20180101012108j:plainf:id:t_aki:20180101012114j:plain

白い少年:「間違えた。あの子じゃ無かった」
白い少年:「何で言ってくれなかったの?」
梨々花:「聞かれてないから」
白い少年:「きみの名字って西園なんだ」
白い少年:「報道で見たんだ。きみの名前」
梨々花:「そういう事だったの...」
白い少年:「まさか、きみまであっち側に行ってしまうとはね、ちょっと意外だった」
梨々花:「まさか自分で自分の絵を描いていたなんてね」
梨々花:「それにしても...ここが新しい世界なのね」

この後 森塚刑事が、たまり場である喫茶店に出入りしてる りょーたす&がもタンを付けてって、
がもタンと二人きりの時に警察手帳を見せて「奥歯」を匂わせビビらせたり、
その様子を悪魔さんが見て...以前占いの館を嗅ぎ回ってた刑事が、女子高生の依頼者の出入りしてる所に入ってった。そこに、依頼者のターゲットである、がもタンも居た。(会話は聞いてない)これはハメられたな...どうやら仕返しをしてやろうと意気込んでる様子。

なんて事があるけど、それはさておいて...

この...「あの子」という、間違えられた子って多分、みゅーちゃんの友達の...インコを飼おうと思ってた子なんだろうな多分。 西園梨々花の絵...この事件に関する予知夢的な絵の登場人物側に、西園梨々花が登場してたんだね。 それもどうやら、犯人側とかって訳では無く...つまり、報道で見た「きみの名前」...この報道って、犯人がどうとかの報道では無くって、判明してる自殺者の名前なんだろうと思う。

つまりは、今、普通に会話して暮らしてる西園梨々花は、

  • 本人も気が付かぬうちに「自殺してた」

この「新しい世界」...普通に考えれば「あの世」なんだろうけど...この世と地続きというか、いや、生きてる人も死んでる人も、普通に共存出来てるような感じで...もしかして全員が全員死んでるとか?...いや、それよりも前に死んでる人は出てきてないからねぇ。もし出てこれるのなら、がもタンのパパさんも登場してるだろうからね。

最後に梨々花が「魂はつなぎ合わせることが出来るのかしら?そしたら一体何が出来るのかしらね?」と、白い少年に話しかけてる。
これは次の回の伏線かな?...そんな話だっけかなぁ...うーん😅