あきやん 's journal

備忘録中心の日記。

世紀末オカルト学院 第三話「美し風、吹き抜けて MIKAZE blows through」を見る。

この番組は予想外でした。大当たりだと思います。

主人公は、学園の新理事長のマヤと日本史の教師文明(フミアキ)

時代、というか設定上、1999年限定。
マヤ...理事長が亡くなったので後を継ぐ為に来る。
最初は潰すつもりだった?。「オカルトなんて大っ嫌い」と言いながらも、やたらと詳しかったり。
フミアキ...元スプーン曲げ超能力少年で、某ノストラダムスのアレを阻止する為に近未来からやってくる。近未来からは、フミアキ以前に5人だっけ?送られて来てたけどいずれも全滅。

思いっきり遊んでます(〃▽〃)

第一話からして...学園での葬儀、理事長からのメッセージとかで流された...自身の吹き込んだ悪霊復活呪文のテープでゾンビ。よく画面を見ると遺影の顔がゾンビ化と同時に笑顔からベロ出しに変わってる(^_^;
取り憑かれた女の子...「メガネメガネ」あ、この頃現役でした?懐かしいなぁ。

今回から、天狗騒動。

「天狗〜?」と笑うフミアキにオーパーツを当てるマヤ。<おいおい σ(^_^;)おでこに張り付いてる...オーパーツ型の判子ですか。かなり人気になったし、諸外国の方が ああいうものが好きな人が多いみたいだから、普通にお土産屋さんに置いてあったりして(^_^;

  • ん?あれってオーパーツじゃ無くなったんだっけ?飛行機に見えたので騒ぎになったけど、実は魚を模しただけだったとか検証された気がする。

まあ、飛行機風のオーパーツだと思った方が後々楽しいからオッケーです(^^ゞ