しにがみのバラッド傑作選「きみのこえ。」を見る

しにがみのバラッド。 momo the girl god of death
ホントは、「スケッチブック」を見るつもりだったけど、「しにがみのバラッド」の再放送(新番組扱い)が始まったのでこっちを見る。感傷で泣かせるタイプの作品といって良いんでしょうか、苦手な筈だけど何故か好きです。しつこくならずに適度なあたりで止めてたりとかの配慮が良いのかも。

ネコを拾った二人

喘息持ちの女の子、マイちゃんと、仲良しの男の子、コウタ君。二人ともネコを飼えないので、神社の軒下に隠して飼う事に...ネコには「ブルー」と名付け、二人が両親だって。(^_^)
雨の中、傘を差さずに世話をしに行ってたマイちゃん、病気が悪化して...学校の机の上には花瓶が置かれました。
マイちゃんは、ブルーを強く育てられたら自分も強くなるかもと願ってたみたい。最後にモモがマイちゃんの姿になって伝える。

運命論は、普段は完全否定するけど、

この場合は有りかもです。ネコを救えなくってもマイちゃんが死んじゃうのなら、何かを残して...コウタにネコを託す事が出来たのは良いと思う。

そういえば、この話は

かつて色々とファンの間で問題が(^_^;
「ネコを家で飼えなかったのがいけなかったんだ」との意見に対し、「ネコの毛などは、アレルギー関係でとてもマズイ場合が。喘息の原因がそれで家族の人に反対をされたのでは」とか。皆さん作品が好きだからこそでしょうか一寸感情的になっちゃって(^_^;
実際、ボクも「ああっ雨の中、傘も差さずにお世話なんてっ」て思いました...黙って眺めてただろう、泣き虫モモ*1の心の中もまた、複雑そうです。

*1:真っ白な死に神。100100番。自称モモ