戸建て住宅用サッシ窓、業界上位5社が耐火基準を満たさない違法な窓。

以下引用です。

サッシ、3万棟で耐火不足 大手5社で国の基準下回る

リンク:朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?
サッシメーカーの「YKK AP」「新日軽」「不二サッシ」の3社が、国の耐火基準を満たさないサッシ窓を出荷していたことが国土交通省の調べでわかった。すでにトステムと三協立山アルミでも同様の問題が判明しており、業界上位5社がそろって違法な商品を流通させていた。交換や改修が必要な住宅は計3万棟に上る見通し。

 問題があったのは、窓枠の素材が室内側は樹脂、室外側はアルミを使った複層ガラスで、左右に引いて開閉する窓。2002年2月以降に出荷された戸建て住宅用で、窓枠がアルミだけのものより断熱性が高く、寒冷地や都市部で普及している。
…以下略

>寒冷地や都市部で普及...住宅密集地での延焼を防ぐため

えっと、この記事を書いてるのは3月14日。東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の...大地震&津波&大火災の後なので、もうどうでも良いや。しかし、ちゃんとした窓だったら、もう少し助かった人が居るかもしれない。