暴論(^_^;)「血液型の、考え方の方向性」を似非科学と非難してるサイトが有るようですが

以前にも書きましたがコピペ...

例えば A型とB型の違いって、元々教わってた「教条主義*1を、自分の考えで、どこまで融通聞かせるか?

だから、そんなに性格を決め付けた宗教的なものではないはず。
むやみに決めつけるのは、いけませんが、

「方向性」があるのは、統計的に明らかです。市販本ですので、著者「能見正比古」で検索して下さい。何冊か出てると思います

方向性...能見正比古が、2万人以上からアンケートを取り、先生の言う所の、「カイ自乗判定」...統計は詳しく無いんですけど m(_ _)m有意差判定の一種みたいです。

危険率...間違える確率も表にされてますので、統計学的に、信頼おけると思います。

何も考えずに反対する事こそ、実に非科学的。第一、タンパク質や、酵素の働きでさえ、まだ解明されてないのに...

ここから[暴論(^_^;)]です。

...人体の全ての細胞の表面には糖鎖があり、マイナスの電荷が掛かってます。*2赤血球やリンパ球にもマイナスの電荷を帯びてるのがくっついてて、その反発*3で景気よく流れるようになってます(笑)嘘じゃないですよ。
血液型って云うのは、赤血球の糖鎖の違い。その違いはイオンの偏り...偏りは、脳内のニューロン間の電気信号(コンピュータのような「1と0」ではなく、アナログです。)とか、再配列に影響...(脳内に)あらかじめ出来ている配列を保持するか変更するかの度合いに影響を与える...かも知れません。

要するに

A型の糖鎖によって出来るイオンは親から教わった知識によって出来た基本の脳内ニューロン配列に対して与える変化が少ないのでは?

B型だと、逆に変化が大きい...つまり、最初のパターンに変化をおこす作用が大きいのでは?

と言いたいんです。これで、血液型と思考・行動パターンの多様さの因果関係が、科学的に説明出来ると思います(^_^;)

誰か他にもこんな事を考えてる人がいても良さそうなんですが。

見つからないなぁ...そんなに特殊な考え方かなぁ...似非科学にされてしまった(^_^;
そもそも、血液型の違いから、思考パターンへ対する変化の度合いまでは理屈が通る(と思う)のに、そこからさらに「親分肌」だのなんだのと、理屈で説明出来ないモノを追加するからややこしくなるんです。
血液型というのは「あらかじめ教えられてきた思考・行動パターンに対する自由度の幅」だろうと思いますよ。これで充分「より基本パターンに忠実なA型気質」、「より変化の激しいB型気質」が説明できます。

えっと...追記。持論から「暴論(^_^;)」に変更。

後にばらしてますが、かなりこじつけてます。似非科学批判サイトに書き込むまで誰からも突っ込みがなかった....待ってたんですよ?
半分冗談...つまり、半分は本気だったんですが(^_^;)

血液型性格判断を「似非科学」と非難する向きがありますが、ボクは、血液型について「科学」と結びつける事そのものに反対だったりします。

そもそも性格なんて曖昧な、数値化出来ないものは「科学」「似非科学」どちらも言えないと思う。
人は一つのことを考えてるわけではないし、期待されるとその方向で行動したくなるのもあり得ると思う。真面目で褒められる事の多い人は「A型だからだね」なんて云われた経験があるんじゃないかな?逆に言えば、A型の人は、周りに対して生真面目に振る舞っても許容されるんだ。B型は、自由奔放な行動を大目に見てもらえる。

プロフィールで(^_^;)

このブログを立ち上げた当初から「血液型:B型とよく指摘されますがAB型。B面のみで生きてます。」って書いてるんですけどね...ボクの行動パターンは、世間のそれで云う「B型そのもの」です。でもAB型。父ちゃんは完全にボクを色眼鏡で見ていますが、だからといって「血液型性格判断」を攻撃する気はないです。
というより、目の敵にしてこれを攻撃したがる思想が怖い。何かとマイナーな趣味が多いボクにとって、勉強すべき対象かな。後々のためにも。

*1:原理?原則を杓子(シヤクシ)定規に適用する態度。ドグマティズム

*2:末端にはシアル酸と云うマイナスの電荷を帯びた糖がくっついてます

*3:磁石だと思ってください